• 無料ガイド 宇治田原 いいとこ 案内人の会
  • 住民有志が町内を無料でガイド。日時やコースは要相談。0774-88-2690(中村)

歩いて巡ろう 日本遺産・やんたん地域

日本緑茶の創始者・永谷宗円生誕の地、
湯屋谷(やんたん)地域の魅力

Border

雄大な自然につつまれた4つの谷からなる湯屋谷地域。
先人たちから受け継がれてきたものが現在も息づくこの地域の見どころをご紹介します。

  • 日本緑茶発祥の地のシンボル永谷宗円生家
  • 日本緑茶発祥の地のシンボル永谷宗円生家
    (町指定文化財(「生家」が建造物、「焙炉跡」が有形民俗))

    永谷宗円は1680年山あいの小さな集落である湯屋谷で誕生しました。
    茶農となった永谷宗円は、元文3年(1738)、15年もの歳月をかけて煎茶製法(青製煎茶)を考案しました。後世、この製茶法は宇治製(永谷式煎茶)と認められ、宗円は日本緑茶の創始者といわれるようになりました。
    宗円の生家は、地元の人たちにより改修され、当地に今もひっそりとたたずんでいます。

    焙炉跡

    焙炉跡

    宗円の生家内部には復元焙炉や囲炉裏が設置され、映像機器により、お茶の製法や宗円の足跡について知ることができます。

  • 茶宗明神社(ちゃそうみょうじんしゃ)

    永谷宗円生家近くには、宗円を祭る茶宗明神社があります。
    宗円は98歳という高齢でその生涯を閉じました。
    宗円を昭和29年大神宮社に合祀したもので、
    茶祖の功績をたたえる全国の茶業者の崇敬を集めています。

  • 茶宗明神社
  • 日本遺産にも認定された湯屋谷の街並み
  • 日本遺産にも認定された湯屋谷の街並み培

    文化庁が初めて認定した日本遺産に、
    永谷宗円家や茶畑・茶問屋、茶農家が混在する湯屋谷の町並みは、
    「日本茶800年の歴史散歩」として「日本遺産」に認定されました。

  • 宇治田原緑茶発祥の地大福谷

    日本緑茶発祥の地とされている大福谷も
    ここ湯屋谷地域にあります。
    歴史に思いをはせながら茶畑を散歩してみるのは
    いかがでしょうか?

  • 宇治田原緑茶発祥の地大福谷
  • とうろう張り
  • とうろう張り

    湯屋谷で、江戸時代から続いている「灯籠張り」。
    疫病を払うために始まったこの行事では、
    四角い灯籠に野菜でつくった干支を飾り付け、
    世相を織り込んだ風刺歌を書いて長福寺に奉納します。この伝統行事に新しいあかりが加わり、
    夏の夜を幻想的に彩ります。

見どころたくさん やんたん地域を歩こう

宇治田原の茶文化がたくさん詰まったやんたん地域を散策!
歴史や文化に触れる素敵な旅を案内する「やんたん散策マップ」を片手に
お茶の郷で過ごすやさしい時間を体験してみませんか?

PR動画
やんたんものがたり

動画

江戸時代中頃、日本緑茶の製法を生んだ「永谷宗円」が住んでいた町、宇治田原町・湯屋谷。
地元で「やんたん」と呼ばれるこの町で、今も受け継がれるお茶の文化・歴史とは…。