• 無料ガイド 宇治田原 いいとこ 案内人の会
  • 住民有志が町内を無料でガイド。日時やコースは要相談。0774-88-2690(中村)

郷土料理・お茶レシピ一覧

「日本緑茶発祥の地」宇治田原は古くから「宇治茶」の産地として知られていますが、
お茶以外にも、気候風土にあった農林産物が作られ、特産品としてそのブランドを確立しています。

宇治茶

Border

「日本緑茶発祥の地」として知られる本町は、今でも京都府内産「宇治茶」の中心的産地の一角を占め、
「煎茶」「かぶせ茶」「玉露」「てん茶」などが作られています。
 宇治茶は淡い水色の見た目とは異なり、味や香りがしっかりとしているのが特徴です。

古老柿(ころがき)

Border

冬の味覚、年の瀬の贈答品として重宝される古老柿は町内で生産される干し柿で、
禅定寺の十一面観音が少女に姿を変えて製法を教えたという伝説があります。
古老柿は、農閑期の11月から12月にかけ、皮をむいた「鶴の子」という渋柿を「柿屋」と呼ばれる棚に並べて
乾燥させる独特の方法で作られ、12月中旬から翌1月にかけて販売されます。

みず菜

Border

宇治田原町では、新しい特産品づくりを目指して、平成7年から京の伝統野菜「みず菜」のハウス栽培の推進に取り組んでいます。
また、平成12年からは、高品質なみず菜を安定的に提供できる産地として「京のブランド産地」に認証され、
市場からも宇治田原産みず菜として高い評価を得ています。

しいたけ

Border

こだわりの原木栽培で作られる宇治田原の椎茸は、肉厚で味もしっかりしていて、
町内の青空市にわざわざ買い求めに訪れる人も多いほどです。