• 無料ガイド 宇治田原 いいとこ 案内人の会
  • 住民有志が町内を無料でガイド。日時やコースは要相談。0774-88-2690(中村)

柿屋(かきや)

柿屋(かきや)

  • 景観・自然

宇治田原独特の干し柿「古老柿(ころがき)」を干すための棚である「柿屋」は、稲刈りが終わった田に、11月上旬から組み立てられます。丸木の骨組みにワラで屋根を葺きますが、その作業は農家の方の手作業で行われます。こうした風景はまさに宇治田原ならではの初冬の風物詩といえ、古老柿が完成し、柿屋が解体される12月下旬までしか見ることができません。

見学のポイント

柿屋は町内各地で見ることができますが、特に立川の大道寺地区では、狭い範囲にいくつもの柿屋が立ち並び、町内で最大規模の柿屋もあります。周囲の田畑や集落と一体となった景観は見物です。

注意点

見学や撮影の際は、田に入らず周囲からにしましょう。作業中の人を撮影する場合は、許可を得てからにしましょう。

アクセス

【住所】

宇治田原町内の湯屋谷・奥山田地区を除く各地

【交通アクセス】

(立川大道寺地区)
JR奈良線「宇治」駅、京阪「宇治」駅、近鉄「新田辺」駅から京都京阪バス「維中前(いちゅうまえ)行き」「緑苑坂(りょくえんざか)行き」「工業団地行き」のいずれかに乗車、「維中前(いちゅうまえ)」バス停下車 徒歩約25分